住居の基礎は、ベタ基礎が多いです。そのためにとても安全になりました。地震が来ても大丈夫です。

ネット辞書【住宅・住居】
ネット辞書【住宅・住居】

住居の基礎は、ベタ基礎です。

最近の住居の基礎はベタ基礎です。昔の基礎は、大きな石をおいただけのものが、多いです。良く古いお寺などは、石が置いてあります。それから進歩して、しばらく間は、布基礎が、主流でしたが、最近は、布基礎では、どうしてもヒビが入り、家が傾くことが多いので、より丈夫なベタ基礎になりました。ベタ基礎をする前に必ず地盤調査して、必要があると、地盤補強します。日本の土地はどこも地盤が弱いところが多いようです。特に川のそばは、とても地盤が弱いです。その為、どこも地盤補強が必要です。しっかりと地盤補強して、更に、ベタ基礎をします。
住居の基礎は、ベタ基礎にしてから、とても強くなりました。今では新築している住宅は、ほとんどがベタ基礎です。ベタ基礎だと、家が傾く心配は有りません。又、基礎にヒビも入ることは有りません。とても丈夫です。地盤補強をした際には、きちんと保証書が出ます。地盤補強と、ベタ基礎で、地震が来ても安心です。最近の家は、全て10年保証をしています。その時に何ども検査をしていますので、とても丈夫です。
いまの家はとても丈夫に作られていますので、悪くなることは、有りません。木造の耐用年数は、25年ですが、手入れをしていくと、50年は持つと思います。これからも、住宅は色々な、安全な工法が開発されると思います。日本は地震が多い国なので、より安全な家が出来ることを望みます。他にも色々と安全対策が取られている家が多くなってきています。どこの家も地震対策をしているようです。

注目度がUPしている住宅・住居関連のハナシは、ここのホームページで情報収集しましょう

Copyright (C)2017ネット辞書【住宅・住居】.All rights reserved.